カードローンの金利について

投稿日:

カードローンの金利について説明します。

一般的な消費者金融系の金利は、4.5%から18%が相場になっております。

10万円の融資を受けた時には、18%の金利が一般的だと言われています。

貸付上限金額がいくからでも、金利の設定は変わります。

携行として、大口の融資になれば、金利は低く設定されることが多いようです。

融資の条件は、審査の結果によって決まります。

審査では、年収、勤続年数、持ち家の有無などに基づいて、貸付条件を決めます。

借りたいと思った金額がそっくり借りられるとは限りません。

借り入れ可能な限度額は、審査の結果によって違います。

同じく銀行系も内容的には同じでありますが、金利面で変わってきます。

相場的には4%から14%程の金利になります。

金利だけを見てみると、銀行系がお得なのが分かります。

ほとんどの銀行がこのような金利設定になっております。

それならば、カードローンは銀行系の金融会社のものを利用したほうがいいと考えがたですが、金利以外でも、考えなければいけないことがあります。

すぐにでもお金を借りたいという時は、審査に時間がかかる銀行系カードローンより、消費者金融系カードローンのほうが有利です。

申込みの手続きも、消費者金融系のカードローンのほうが簡単です。

銀行のカードローンでは、口座開設が条件になることもあります。

すぐにでもお金を借りたいという人は、消費者金融系が適しています。

融資するまで時間に余裕がある方やとりあえずカードを作っておこうという方の場合は、銀行系のカードローンを契約すると良いでしょう。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.