住宅ローンの審査方法について

投稿日:

新しい家を買う時に即金で払えるという人は滅多にいません。

多くの人は、住宅ローンを組んで、家を買うための資金を調達します。

金融会社は、住宅ローンの申込みをした人に対して審査を行い、返済能力があると判断した人に対してだけ、お金を貸します。

どのようにすれば住宅ローンの審査をクリアしやすくなるかを知ることで、家の購入手続きをやりやすくできるでしょう。

購入する家や、土地を特定してからでなければ住宅ローンの手続きはできませんので、まずはどの家を買うのは、いくらで買う物件になるのかを明らかにしましょう。

その後に住宅ローンの申込みをして、まず最初に事前審査を受けることになります。

この事前審査は、家の売買契約前に住宅ローンが通るかどうかを事前に確認するためのもので、審査には1週間から3週間程かかります。

事前審査で問題なしと判断されたら、工務店や、住宅メーカーと購入手続きに入ります。

工務店や、住宅メーカーと家を買うための契約を交わすと、家の購入代金が決定します。

そこで、金融会社は住宅ローンの本審査をします。

住宅ローンの借り入れが完了するには、1週間の本審査の結果でOKが出なければいけません。

住宅ローンの審査は、金額が大きく、返済期間が長い分、慎重になりがちです。

申込みする際に提出しなければならない書類もたくさんあり、申込み手続きの途中で書類に不備があると、さらに時間が必要になります。

問題なくスムーズに進んでも、約1ヶ月程度はかかるようです。

後になって慌てることの無いように、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.