住宅ローンの審査に通らない理由

投稿日:

マンションや、一戸建てを新しく買うとなると、住宅ローンを必要とする人が多いようです。

家を買うために住宅ローンを苦みたい場合は、まずはどの金融機関から住宅ローンの融資を受けるかを決めることです。

必ず審査を受けて、住宅ローンの融資のOKが出なければ、お金は借りられません。

審査の内容は金融会社によって違いますが、収入が安定していることだけでなく、高齢すぎないかも確認されます。

返済期間は35年とか30年など長期間になる場合がほとんどですが、住宅ローンを完済した時の年齢をチェックします。

返済し終える時の年齢が80歳を超える場合には、審査に落とされる可能性が高くなるようです。

返済期間を短くすると月々の返済額が高くなりますが、住宅ローンの返済額が年収の35%を超えるような場合には、審査に通りにくくなるので注意が必要です。

もしも住宅ローンを組むならば、収入が安定している定年前で全額返済できるようにしなければ、その後が不安になるでしょう。

確実に住宅ローンの返済をすることを考えるならば、働き盛りのうちに住宅ローンを組んで返済を始めたほうが安心できます。

最低でも1年の勤続年数がある状態で住宅ローンの審査を受けないと、収入が安定しているとは判断されないようです。

貸し倒れリスクをできるだけ減らしたいというのが金融機関側の切実な狙いですので、審査では収入の安定性が重視されます。

審査にかかる期間も他のローンと比べて長くかかり、準備する書類もたくさんあります。

住宅ローンの申込みをする場合には、時間的に余裕を持って手続きするようにしましょう。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.