ローンの審査時に確認される項目

投稿日:

ローンを申込みをした時には必ず審査が行われて、場合によっては審査に落ちてしまうケースもあります。

審査をパスできれば融資を受けられて、審査にパスできなければ融資が受けられないという仕組みです。

ローンの審査時にチェックされる項目は、いろいろあります。

多くの人は、ローンの審査で金融会社がチェックしていることは、勤続年数が一定の長さであることや、年収だと思っています。

融資を行う金融機関は、申込みをした人が貸したお金をきちんと返済をしてくれるかどうかをチェックしています。

ローンの審査では、年収を重視していますが、その理由は、そもそも収入がなければお金が返せないからです。

申込みをした人の勤務先が大手企業かどうか、倒産する可能性がないかも重要なポイントとなります。

健康保険をきちんと支払っているかどうかを、返済能力と結びつけて考える金融会社もあります。

大手企業の健康保険組合に加入している方が、ローンの審査に通る可能性が高い傾向にあるようです。

もしも病気になったり、ケガを負ったりした場合は、医療費の補填が健康保険から受けられますが、国民健康保険は支払いが必要になっています。

大手企業の健康保険は、強制的に給与から天引されるため医療費が補償されているので、返済の妨げになる可能性が低いと判断されるためです。

健康保険は、盲点になりがちですが、重視されているといいます。

この他には、他社のローンを借りていたり、過去に延滞経験があると要注意です。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.