キャッシングの法律に基づいた金利

投稿日:

キャッシングの金利は、法律で何%までという制限があります。

利息制限法という法律がつくられたために、キャッシングの金利上限は20.0%となっていました。

法律でそう定められた以上は、以前のように29.2%でお金を借りたりすることは困難です。

非合法な業者の中には、最初から法律と関係なく独自の融資をするところがあります。

法律を無視して高い金利で貸し付けているならば、そのことをブログやネットで書いたりしません。

健全な運営をしているキャッシング会社は、利息制限法の範囲内で融資をしています。

銀行や、消費者金融会社からお金を借りる時には、金利は10%以下にしてあるという例が多いようです。

以前より低金利の融資が増えて、加算される利息も少額になりました。

金融機関から融資を受けた時には、どうすれば利息を少なくできるかを考えることです。

利息が膨らめば、返済の負担がいつまでもたっても終わらなくなります。

完済までにかかる時間もとても長くなります。

何らかの事情があってキャッシングを利用することになっても、落ち着いてまず金利の低い会社を探し出すことです。

※重要語「キャッシング」「法律」

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.