未成年者でも発行可能なクレジットカード

投稿日:

成人していないうちに、年会費0円のクレジットカードを使いたいという人がいます。

未成年でクレジットカードを発行してもらうには、18歳になる年の4月2日以降まで待たなければなりません。

規定の年齢をクリアしていればクレジットカードは発行されますが、収入が不安定なら保護者のOKがいります。

クレジットカードの審査の時点で、親権者に連絡を入れ、意向に間違いないかを確認します。

未成年者が一人で申込みをしただけでは、クレジットカードの審査に通ることは不可能です。

最近では、クレジットカードはネット通販などでよく登場するものになり、未成年のうちから必要になってきています。

国外に出かける予定が入っている場合は、クレジットカードを持っていたほうが便利です。

大学生のほうがクレジットカードの審査に通りやすかったり、学生向けサービスが充実しているカードもあります。

子供が大学に行けるのなら、親の経済力は高い傾向があると判断されるので、クレジットカードの審査では親の信用が高めに判断されます。

高校のうちからクレジットカードを所有したいという人もいますが、大抵の会社は高校生にクレジットカードを発行してくれることはまずありません。

デビットカードはカード会社でなく、銀行が発行するカードであり、口座に直結しているので、使い過ぎることがありません。

クレジットカードは、申し込み者に対して色々な条件が付随していますが、クレジットカードを未成年者に発行することは時々あるといいます。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.