個人で事業融資を受ける時の審査基準について

投稿日:

資金調達を目的として銀行に融資の申し入れをしても、銀行からの融資は一般的にいって困難です。

事業を始める時には資金がなければ何も始められませんが、手持ちの資金が不足していて事業が始められないという人もいます。

個人で開業するための資金を用意するための方法として、銀行から融資をしてもらえれば、開業資金の問題はクリアする事が出来ます。

しかし、事業を起こすための資金となると金額も多くなるので、個人で融資の申込みをしてもなかなか審査に通らないケースもあるようです。

銀行は、企業が事業拡大のために資金を必要としている時や、成功している人が資金を調達したい時などに対して、融資を行う傾向があります。

銀行からの融資を求めている人が、社会的なバックボーンがほとんどない個人なら、審査に通りにくいものです。

銀行からの融資を求めても、銀行が融資をしてくれないのは、どういう時のことでしょうか。

現時点でどんな仕事をしており、どのくらいの収入を得ているかなどから、銀行は顧客の返済能力を見きわめ、融資額を決めます。

収入額でも例えば年収1000万円ある方でも、月によって収入に急激な増減がある場合には、審査をクリアする事が難しいと言われています。

年収が高いからといって必ずしも融資を受けられる事はなく、毎月しっかり安定した収入がある人の方が審査基準をクリアしやすくなっているようです。

さほど高い収入でないけれど、企業の重役的なポジションにいて、毎月一定の収入が保証されているという人なら、審査でいい結果が出る傾向があります。

銀行から融資をしてもらうために審査をクリアするには、収入のほか、社会的な実績を積むことも大事です。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.