破産者でも可能な融資の方法について

投稿日:

もしも、破産者が融資を求めた場合、安心して借り入れはできるものでしょうか。

かつて自己破産をした人が、新規の融資を希望した場合、条件次第で融資を受けることが可能になります。

信用情報会社には、個人のキャッシング履歴が記載されていますが、記録は一定期間が経過すれば消えます。

しかし、自己破産の経験を持つ人が、新たに金融機関から融資を受けたいと思っても、すぐには利用できません。

破産者の情報は、信用情報会社では最も長い場合で5年は残っているので、その間は新規融資は諦めたほうが無難です。

自己破産後は、5年以上が経過していなければ、借入れは難しいと判断せざるを得ません。

大抵の金融機関は、直近5年以内に破産をしていれば、新たな融資を行いませんが、時には例外も存在しています。

金融会社について調べていけば、破産者に対しても一定の条件で融資を行っているようなキャッシング会社がわかります。

しかし、ほとんどの金融会社はまず融資をしてくれません。

非合法な金融会社なら、リスキーですが融資の見込みはあります。

闇金融は、法律の制限外で融資を行っていますので、利用したせいで大損をする可能性もあります。

もしも金融会社からお金を借りることになったら、金利計算や、貸付金額のチェックをきちんと行いましょう。

自己破産をした人の場合は融資の条件が悪くなるので、信用情報機関の登録が無くなるのを待つのが賢明と言えます。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.