信用情報に登録される延滞日数はこれです

投稿日:

信用情報に延滞情報が登録されるとマズイです

キャッシングを利用する際には、自分の毎月の収入状況や家賃や光熱費などの必要経費などを考慮しながら、必要な時に必要な金額を借り入れる必要があります。

ただ、キャッシングを利用する前には、現在の家計収支の状況を考慮して利用すると思いますが、途中で何が起こるかわからないのが人生というものなので、急な出費がかさむという事も十分起こり得るのです。

そして、キャッシングで借りたお金は返済するのが私たち債務者の義務なので、返済を怠る=延滞してしまうとそれなりのペナルティが課せられることになります。

そのペナルティが、個人信用情報機関の信用情報に延滞情報が登録される事になり、信用情報に延滞情報が登録されてしまうと一定期間キャッシングの利用が出来なくなる可能性があるのです。

そこで、今回の記事ではどの程度延滞が続くと信用情報に登録されるのか?について説明します。

信用情報に登録される延滞日数

個人信用情報機関の信用情報に延滞情報が登録される日数ですが、これは61日以上または3ヶ月以上延滞があった場合に異動として登録される事になります。そして、異動が登録されてしまうと、基本的に5年間はキャッシング審査に通る事が難しくなります。

さらに言えば、異動が登録されてしまうと、途上与信や法定途上与信によってキャッシングの利用が停止される可能性がありますので注意が必要です。

異動以外でも登録される延滞情報

信用情報には、重大な延滞情報にあたる異動の他にも、延滞情報が登録される個所があり、それは毎月の入金状況(CICの場合)になります。この入金状況には顧客の毎月の入金状況について各種マークによって登録される事になります。

そして、この入金状況に顧客の延滞がどのタイミングで登録されるのか?については、各金融機関によって異なっているのです。

例えば、毎月の支払日に支払いがなければ即延滞を表すAマークを付けるところもあれば、再引き落としで引き落としがされなかった場合にAマークが付くところもあります。

まあ、毎月の支払日の遅れてしまえばそれはもう立派な延滞になりますので、どの時点で信用情報の入金状況にAマークを付けるのかは、金融機関の判断にゆだねられても仕方ありませんよね?

という事は、信用情報に延滞が登録されているのか否か?は、実際に信用情報の開示請求を行ってみないと分かりませんので、気になる人またはキャッシング審査に通らない人は一度開示請求を行ってみて下さい。

もっとも、信用情報に延滞が登録されないようにするためには、毎月の支払日にきちんと支払いを行う事になりますので、毎月の支払日に遅れないようにキャッシングを利用して下さい。

Copyright© お金借りるのにパートやバイトでも大丈夫|家族や職場にバレず借入可能な方法! , 2019 All Rights Reserved.